2019年11月26日

認知主義 非自然主義的認知主義の擁護のために-1(改稿)=2020/1/13

 以下ではメタ倫理学として、非自然主義的認知主義を扱う。非実在論に抗して考察してゆきたい。
 非自然主義的実在として、〔判断をつうじて現われる〕相在に対応する準価値的妥当を考えたい。光の波長じたいが色ではないように、準価値的妥当自体、純粋な価値的性質ではないとしてみたら、非自然的な存在のなかに妥当をくくることが容易になるのではないか。これはリッカートからの逸脱であるが、論理的妥当をひながたとした妥当解釈のための、一候補となり得よう。
 妥当は当為の存在根拠であり、当為は妥当の認識根拠である。これらは非自然主義的に現われる。
 関与をよびかけてくる妥当に基づいて、選好は、理解・再解釈によって順位を変える。他方、相在は因果的に情動たる選好を惹起する。この二つの経路によって、対象に帰属される効用的な選好認知がされる。前者が目的合理的選好・後者が価値合理的選好となる(というより、選好のなかに、この二要素がある)。いずれも準価値的対象からの作用である。効用自体は、価値的な解釈をし直すか、価値を与えるかという、いずれも合理的営為にかかわる。
 準価値的実在に比べて、価値的性質自体は、帰結主義的には受け手によって変るし、非帰結主義的には構成されるべきものであるから、価値的性質は本来の意味では実在しない。実在的準価値的性質(命題価値)には、通常の意味での認知はありうるが、実在的準価値的性質としては構成され/作為としてのみ存在しうる。およそ認知があるとしても、合理的手続きという特異な認知のかたちをとる(感受性理論の知得作用という特異な認知を想起せよ)。ここで選好を産む候補として、アポステリオリな、傾向性やアフォーダンスを考えることもできる。だがしかし、あくまで非自然主義的現象に定位して、準価値的妥当に限定したい。理由の責任転嫁理論とちがうのは、妥当の側からの、価値合理的な関与を認める点である。理由の実在論とちがって、自己評価中立性のみを普遍性の要件とするので、場合によっては、非普遍的な様相を示すことがある。しかし、それは帰結に焦点を絞ったことによる狭い普遍性のせいであって、選好の解釈という見地に立てば、自己評価中立性が成り立っている。
 解釈的・因果的経路を経た価値的性質は、基本的に共変群概念である。
 道徳全廃主義は、共変群としての様々な善さ/多元的価値の観点から、道徳が劣位に置かれる場合に対応している。ここで述定的判断・理論的価値判断として価値判断を考えた場合、酒や好色が尤度優先で上位に来るかもしれない。道徳虚構主義も述定レベルで考えた時、シュミレーションにまさるフィクション的要素をもつことに、文脈によっては対応しうる。動機づけられた価値判断/価値的性質ゆえにこそ、道徳的価値は時間推転的な活動的意義をもち、そこから道徳の至高性が紡がれる。
 効用、もしくは幸福がアプリオリに/総合的還元主義的に善であるのは、合理的観点からである。これらの性質は、選好が当為によってコントロールされた時、対象に投射される。これは準価値的意味、記述的意味の「引用符付きの用法」に、規範性が与えられ(つまり「であるから、べきである」が推論され)るのであるが、これにより自然主義的非還元主義(自然主義的実在論の外在主義)のなかに包摂されうる。(伊勢田哲治のアイデアの拝借)
posted by 9ki1to at 03:41| Comment(0) | 価値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。