2019年06月29日

自己善・・・非帰結主義かつ非利他主義=2019/11/13=2019/12/31

 大学紀要の出版がされたので、著作権的に問題ないかと思い、その一端を公表する。

「自己善」は、と言えば、「他者の」幸福追求を、相対的に重視することなく、心情倫理との重なりを追求してゆける。けだし倫理学は人間性についての「学」である以上、合理性に依拠し、合理性は、「学」に対して統合性・普遍性等を要求するであろう。実際、ヴェーバーの――価値合理的行為=「ある特定の行動がもつ無条件の固有価値についての、倫理的・芸術的・宗教的なその他の、純粋にそのものへの、あるいは、結果を度外視した、自覚的な信念にもとづいて、行為すること」(根本概念WG:S.12.傍点は原文ゲシュペルト)を倫理的に昇華すれば獲得できる――心情倫理は価値観を優先し、人の纏まりたる統合性を志向する。その価値観準拠は、自己という「トポス」の充実を意味しており、普遍性をいささか犠牲にする。しかし筆者は、そのなかで価値観準拠を説くものを、主観的合理性の範疇に収めることができると考える。したがって、自己にこだわる合理的言説を、「最小倫理」と認めたい。それにあっても、あくまで倫理だから、自分のためだけの利益に自足することはない。自分が道徳的に善いと考えるものを――対自的には利己性に傾くにせよ――撰取するのである。ここで先回りして、「自己善」すなわち「最小倫理」という図式を、一応仮設して、その構成要素を掲げておこう。

@非帰結主義(価値観準拠)
 導きの糸となるのは、ヴェーバーの心情倫理批判であろう。彼は『職業としての政治』(一九一七年一月二八日)で、とくに心情倫理に低い評価を与えた。もとより彼は、達人的とも言える責任倫理を高く評価したとはいえ、心情倫理を放擲してしまったのではない。すなわち個々の行為は、その結果のみが倫理的天秤にかけられるとは限らないし、人格という観点に立てば、帰結への配慮よりも、むしろ価値観が問われるとした。ここから私たちが「自己善」と目してえられるものは、幸福という帰結から消極的にえぐりだされる、――それ自身では、公共への帰結を禁欲する価値観の倫理、つまり非帰結主義の一類型である。もとよりそれが、社会全体の幸福追求を第一義とするなら帰結主義に移行するが、小集団の連帯感・「絆」を中心にするかぎりでは、非帰結主義の域にとどまる。
A非利他主義(「自己定位」)
 功利主義的な厚生主義は、Sen,A.K.,1997,p.278によると事態の善は、個人効用の集合の善によって判断されるべき( must)だとする。こうしたセンの規定を承けるなら、幸福は人の豊かな生を反映しているが、人はそれのみを、評価の尺度とすることはできない( Sen, A.K., 1987a,Chap.2,p.41. )、という見方も成り立つ。彼によると、私たちは、目標、責任、価値等を形成する人間の能力を尊重すべきである。――少なくとも私たちは、俗見たる、自己にこだわる「最小倫理」を受け入れている。そしてセンは、生き方に踏み込んで、「主体性」重視の議論を展開する。そのさい、彼は各人の倫理観の重要性を強調し、功利主義に対する批判を押し出している。つまり、私たちが「自己善」として出会うのは、「まったき利他」の「世界志向」(「世界の善」を「世界志向」より狭くとる。)と相並ぶものとして、積極的に浮かびあがる「自己定位」という要素である(「自己善」を「自己定位」より狭くとる)。この「まったき利他」の否定(つまり自己にこだわる倫理)を、暫定的に非利他主義と呼んでおく。
 したがって、低幸福条件のもとでの「最小倫理」は、非帰結主義であり、かつ非利他主義として、かたどることができるであろう。
 契約論的な功利主義=純粋な利他主義→非利他主義 隣人愛→真正な利他主義
功利主義をこのように区別することで、イエスの隣人愛と功利性の理想の関係があきらかになる。
posted by 9ki1to at 04:08| Comment(0) | 倫理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。