2018年06月18日

再較正=2018/9/18=2019/2/1=2019/12/31

 

 高次認知的情動(情動一般ではない)それぞれに特有の身体的反応は生じるか、と問うてみよう。身体的変化の知覚のなかに、高次認知的情動であるものがあるか否かは、高次認知的情動として何を認定することが先決要件となる。ここで身体性の評価は、判断が構成要素になって認知的に精緻化されるわけではない、とプリンツ は主張する。認知的状況が情動の種類を決めるのは「較正」(calibration)によっている。「較正」に応じて、或る「探知機」(プリンツ)に反応する情動について、「或る探知機で測ったらAだったのに別な探知機ではBになる」という不一致が生じないように、それぞれの探知機の追跡のずれを把握し、進化論的に適合した共通の探知の基盤を作る行為だからである。さらには進化論的に獲得された本来の身体性の情動からの逸脱も、同様な再較正によって説明されうる。 例えば通常の身体性の怒りは、或る種の判断の状況下では、不貞にかんする判断への反応として生じた嫉妬となる。このように別の原因、つまり認知的状態のもとでは、別の情動を構成する。もとより高次認知的情動のすべてがすべて、認知的要素に還元されるわけではないが、「再較正」においては認知的状態が、身体性の評価がどの情動の種類に属するかを決めるものである。そうだとすれば、高次認知的情動の「ドクサ・思いなし」の独特性を認知は隈取り、「価値判断」の種差を規定するのである。あらかじめ見とおしを言えば、「ドクサ・思いなし」に対するメタ的な反省が、xする命題内容をかたちづくり、「価値判断」を成形してゆく。

・再較正によって、情動が照会的選好になったり、較認的撰取になったり、価値の様相を変えてゆく。価値の本性とは案外一元的で、映現する再較正によって種差が現われるだけではないだろうか。


 一段階目の較正が、本来の進化論的に獲得されたものからのズレを補正するのに対し、再較正はより、シミュレーションをくわえた自由な、意味づけが与えられるということなのだろう。

 高次認知的情動それぞれに特有の身体的反応は生じうるか、と問うてみよう。このことに関連して、身体性の評価は、判断が構成要素になって認知的に精緻化されはしない。認知的状況が情動の種類を決めるのは「較正」(calibration)によっている。
Dretske,F.,1986,p,22-24.「指示(assigned)機能により意味するもの、はたまた私たちが(意図、目的、信念によって)指示機能を具えたシステムでの関係のあり方を理解するには、以下のケースを考察せよ。1グラムの何分の一に較正された、僅少な対象の重さを決めるための使用が意図された、敏感なバネばかりがある」。それが1gを0.98gと測ったとしても、それは標高の指標をレジスターしているのである。「私たちは、道具の指示機能を変えることがときとしてある。較正するさい、例えば普通の使用で測るのには用いないものを、測定するのに使われる」。認知的状況によって指示機能が変われば、測定された指示結果の意味も較正され、変化しうるのである。ref.Prinz,J.,2004,p.99.
 「較正」とは、或る「探知器」に反応する情動について、「或る探知器で測ったらAだったのに別な探知器ではBになる」という外見上の不一致を避けるよう、共通の基盤を探し、それぞれの探知器の追跡を把握することである。例えばネズミは過去の状況によって、餌を得るよう因果的に条件づけられているが、そのために餌の場所まで泳ぐというようには、条件づけられていない。このように特定の認知的条件下では、例えば餌を得ようとする情動が「泳ぎ」の促すものとして修正をこうむるのである。こうして因果的に獲得された本来の身体性の情動からの逸脱も、さらなる「較正」によって説明されうる。
posted by 9ki1to at 05:36| Comment(0) | 価値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。