2017年07月20日

自由・両立論・実践的推論

 野矢茂樹編「自由と行為の哲学」より・・・サーヴェイの必要性を感じたので。
 まず基本的タームを導入しておけば「決定論と自由論の両立を主張するこうした考え方は、「両立論」と呼ばれる。それに対して、決定論と自由論は両立しないと考える立場は「非両立論」と呼ばれる」(野矢茂樹編,2010b,5ページ)。ただし、非両立論に立つ論者たちは、「選択可能性なき自由」(フランクファートのごとく、選択可能性を認めず、道徳的責任を説くような立場)にあえて甘んじないだろう。しかし「そうするしかない」のであれば、「自由にそうした」とは言えないから、フランクファートの議論は、自由の核心は選択可能性にあるという直観に、十全に抗しうるほど強いものではない (野矢茂樹編,2010b,11-12ページ参照)。ただし、フランクファートが機縁となって、自由の主戦場は、行為者性にかかわる領域へと転換し、或る種の「両立論」(カント的な「柔らかい決定論」を含む)の道が開けた。そのさい問題となるのが、動因性の概念としての意志のとらえ方である。
 人間の行為にある独特な原因は意志と呼ばれるが、ヴィトゲンシュタインの議論を待つまでもなく、ただ意志だけを取り上げる試みには困惑するしかない。だから行為を込みにして考えなくてはならない。ただし行為の理由こそが原因である、しかもその基本的理由を欲求・信念と考えるデイヴィドソンについて、私が語るべきことがらは少ない。人間が行為にもっている秩序を「実践的秩序」と呼ぶとすれば、「実践的秩序が因果的秩序に服さねばならないと考えた」デイヴィドソンには、与しえない。
 それに対して、アンスコムによれば、実践的秩序は因果的秩序とは別ものに類す、と考えられた。アンスコムの議論は、意志を行為の原因とする考え方とは異なっている。アンスコムの戦略の中心をなすのは、原因と理由の区別である。つまり「行為を引き起こす原因たる何ものかではなく、行為そのもののあり方、行為の意味を問うのである」(野矢茂樹編, 2010b,16ページ)。この見通しのもとでアンスコムは『インテンション』以後、実践的推論の彫琢に従事した。
 「まず私は目的を設定する。「目的―約束の時間(十二時)に遅刻しないこと」。そしてそのためにはどうすればよいかを考える。「目的地まで電車を利用して一時間かかる。十一時発の電車がある。だから、それに乗れば十二時に目的地に着く」。そこで私は十一時発の電車に乗る。ここにおいて、目的を掲げることは推論の前提と同じ身分をもたないとアンスコムは指摘する。こうした考慮において「推論」と呼ぶべきステップは、「目的地まで電車を利用して一時間かかるのであれば、十一時発の電車に乗ると十二時に目的地につくことになる」という部分である。つまり、設定された目的とそこへ向けての具体的な実行を橋渡しするものが、実践的推論なのである」(野矢茂樹編, 2010b,20ページ)。
 かくのごとく、実践的推論が理論的推論と同じ構造をもっているとすれば、デイヴィドソンの推論が欲求と信念から構成されている(欲求と信念が行為を因果的に引き起こす)のに対し、アンスコムの推論は、命題から構成されていることになる。つまり後者においては、設定された目的に向けての論理的推論が実践的推論ということになる。(ブラッドマンのように二階の欲求の統制的機能を認める)反因果論の立場では、実践的秩序を因果的なパターンとして捉えることを拒否し、それからは捉えられない秩序を探求するものと言えよう。
要するにここで問題なのは、「一方で意図的行為の評価、他方で意図的行為の説明」の区別である。「評価的関心が支配的な論考では、理由は非-心理学的に、かつ事実的に理解される」。

 D’oro,G.&Sandis,C.,2013,pp.1-6,cf.p.4..メレが指摘するように基本的理由は原因ではない以上、合理化は、因果的説明の一種ではないと考える。〔基本的理由は状態だから、原因とすることはためらわれるし、傾向性であるとしても因果的説明の媒介項にすぎない。〕「…の折には〜ところである-関係」はBedeutung=因果的基盤を基礎としてSinn=後知恵的傾向的性質の秩序を築きあげる。
posted by 9ki1to at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック