2019年12月05日

認知主義 非自然主義的認知主義の擁護のために-2

 因果的で規範的でないつながりとして、倫理的判断・審美的判断・宗教的判断と述定的判断のつながりがある。これらのつながりは三前者を後者が記録するところにある。おそらく神命説的統括は、これとは逆の、因果的でない統合の方向によるものであると思われる。宗教的な性質が、シミュレートに対するフィクション優位の観点から正当化されることになる。人はそれほど、虚構に依拠した存在なのである。
 非自然主義であるからこそ、何かを善いものにするものから、何かを善いものと見なす道徳的根拠を区別することができるのだ。照会的な次元で非自然主義的に、善いものが撰取されているからこそ、道徳的較認的普遍化が可能なのである。この次元が、道徳的ならざる理由の次元を排除する役割を果たす。続く
posted by 9ki1to at 05:49| Comment(0) | 価値 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする